著者一覧から探す

  1. ホーム > 
  2. 新超音波検査 消化管

新超音波検査 消化管

関根 智紀 著

定価(本体5,800円+税)   発行日:2006/05/25   ISBN:978-4-902380-21-7
B5判/228頁

・消化管エコーに必要な解剖知識・検査知識・計測手順・描出ポイント・スクリーニング・正常像・症例を網羅.
・消化管エコーを根拠から判読できるように構成されている.
・「消化管エコーが上手になりたい」「ベテランの技を習得したい」の声に応えた1冊.

在庫がありません

取り扱い書店


序文

超音波検査は,超音波装置の改良と新手法の登場によって超音波診断精度が飛躍的に向上し,腹部領域では第一選択の検査法として確立されている.しかし,超音波検査は検者の能力によって得られる情報に差が生じやすい検査法であり,同時にその技術習得も容易でないのが現状である.超音波検査を職人芸と表現する人もいるが,職人芸とは一体何だろうかと,ふと考えるときがある.どうして,ベテランの技術を容易に習得できないのだろうか,多くの方が超音波検査を学びながら,この問題に直面し悩んできたと思う.“超音波検査が上手になりたい”とは誰もが願う気持ちである.
 このような中,本書は消化管超音波検査の技術を確実に習得し,超音波検査で得られる豊富な情報を臨床に提供できるようになりたいという願いを込めて,新しい感覚で新超音波検査-消化管としてまとめてみた.
 本書の構成は,まず巻頭のカラー解剖図により超音波検査で必要となる消化管の基本解剖を確実に学べるようにした.次に,第1章として検査を始める前に必要な,超音波装置に求めるもの,良好な画像を得るために,症状からみた検査の進め方などを学びとり,第2章では計測の手順を具体的に示し,第3章には描出のポイントとして描出能を高める技術について述べ,第4章でスクリーニングと正常画像について詳細に理解できるようにした.そして,それらの知識をもとに第5章では消化管の症例を根拠から判読できるようにまとめてある.
 超音波技術の習得に近道はないかもしれないが,本書が常に技術向上を目指す方々のために少しでもお役に立てれば幸いである.
 最後に,本書の作成にご協力していただいた総合病院国保旭中央病院消化器スタッフ一同,ならびに出版に尽力を惜しまれなかったベクトル・コア社の中山穂積氏,中田雅章氏,宇野和代氏に心から感謝いたします.

平成18年5月
著 者

ページトップに戻る

担当編集者のヒトコト

「勉強するのに,あちこち本を探すのはたいへんじゃないですか」.
企画がスタートした最初の頃にお聞きした関根先生の言葉です.
そしてこの本には,著者のそんな考えがストレートに形になっています.

目次を見れば一目瞭然.本書は,消化管の超音波検査を進めるうえで知っておかなければならない解剖の基本,適切な画像を描出するために必要な装置や検査の進め方,計測と描出のポイント,さらにスクリーニングの基本と正常画像を学んだうえで,超音波検査の対象となる主要な消化管の疾患を根拠に基づいて学ぶことができるよう構成されています.
「All in One」であることで,初学者にとっては消化管の超音波検査を包括的に学ぶために,経験者には症例を学ぶとともに検査全般を見直す有用なリファレンスとして,幅広くご活用いただくことができる奥深い1冊になっています.

ページトップに戻る

目次

巻頭カラー解剖図
上部消化管の解剖
 1頸部食道
 2腹部食道と食道胃接合部
 3胃
 4十二指腸
 5上部消化管の血管構築
小腸の解剖
 1空腸,回腸
 2小腸の血管構造
下部消化管の解剖
 1回盲部,盲腸
 2虫 垂
 3結 腸
 4直 腸
 5下部消化管の血管構築

第1章 検査を始める前に
1.検査の種類を知る
2.超音波装置に求めるもの
3.探触子を使い分ける
4.より良好な画像を得るために
5.症状からみた検査の進め方
6.腹痛を知るうえでの情報
7.消化管のドプラ検査

第2章 計測
1.胃壁の計測
2.腸管径・腸管壁の計測

第3章 描出のポイント
1.描出能を高めるために
2.情報量を高めるために

第4章 スクリーニングと正常像
1.胃のスクリーニング走査の流れ
2.大腸のスクリーニング走査の流れ
3.各部位の基本走査と正常像

第5章 消化管の症例
主な症例
【上部消化管】
  肥厚性幽門狭窄症
  食道裂孔ヘルニア
  食道アカラシア
  胃・十二指腸潰瘍
  胃・十二指腸穿孔
  胃・腸アニサキス症
  好酸球性胃腸炎
  胃 癌
  胃・腸リンパ腫
  胃粘膜下腫瘍
【下部消化管】
  腸閉塞(イレウス)
  腸重積
  急性虫垂炎
  大腸癌
  大腸憩室周囲炎
  潰瘍性大腸炎
  Crohn(クローン)病
  虚血性大腸炎
  感染性腸炎
  薬剤起因性大腸炎
その他の症例
  頸部食道癌
  急性胃粘膜病変(AGML)
  回腸末端炎
  直腸癌
  SLE腸炎
  門脈ガス
  腹壁ヘルニア
  放射線腸炎
  腸間膜リンパ節炎
  盲腸炎
  腹膜垂炎
  異物刺入

読者の声を読む・投稿する

■Y.M様 30代男性(臨床検査技師)
 詳しく書いてあり仕事に役立っています.消化管メインの本はあまりないので買って良かったです.

読者の声を投稿する

医師 > 消化器科
超音波検査士 > 腹部/消化器
超音波 > 腹部/消化器


関連書籍

イチから学ぶ!

大腸CT検査

・前処置から腸管拡張,撮影条件,そして大腸解析まで,大腸CT...続きを読む

過去問分析〜出題のポイントで学ぶ

超音波検査士認定試験対策:臨床編 消化器領域【三訂版】

模擬試験3×35+クイック復習ノート

・11月下旬の超音波検査士認定試験に向けて,健診領域と同時改...続きを読む

腹部の痛みを超音波でみる キー画像80

疾患と痛みと画像をつなぐ

検査は“プローブを握る前”に始まる だから 考える検査のため...続きを読む

手にとる注腸X線検査:基本手技編(増補版)

注腸X線検査 基本手技編【増補版】

・難しいと思われがちな注腸X線検査も,原理やコツがさせ掴めば...続きを読む

㊙腹部エコーテクニックとその理論 改訂版

・腹部エコー検査に必要なテクニックとその理論をまとめた好評書...続きを読む

おっと思わせる!超音波検査報告書の書き方 ― 消化器/消化管

・この症例では何を書けば良い? どこの所見が重要になる? そ...続きを読む

消化管アトラス

・1章と2章では,検査の前に知っておきたい解剖の基礎知識と系...続きを読む

イラストレイテッド大腸内視鏡

図解 挿入法マニュアル

基本と応用のA to Z

 ・言葉では伝わらない挿入テクニックをイラストで徹底解説!!...続きを読む

腹部超音波テキスト 上・下腹部 改訂第三版

・500を超える症例で腹部超音波を徹底解説.・解説のすみずみ...続きを読む

腹部アトラス(基本編) 改訂版

・検査目的臓器別に走査法を徹底解説.・イラストレーション化さ...続きを読む