著者一覧から探す

  1. ホーム > 
  2. 婦人科エコーマニュアル

 

婦人科エコーマニュアル 体外式超音波でみる疾患描出のコツ  

狩野 有作 監修/宇治橋 善勝 著

定価(本体5,500円+税)   発行日:2009/09/04   ISBN:978-4-902380-55-2
B5判/264頁

・「体外式」と「婦人科」に的を絞り,婦人科超音波検査の基礎から描出のコツまでを,的確かつ丁寧に解説しています.
・1章と2章では,解剖の基礎知識や検査法,走査法を,写真や解剖図を用いて丁寧にわかりやすく解説.婦人科超音波検査の基礎を確認できます.
・3章症例編では,120の臨床症例をMRIと対比することで,描出力と読影力の向上に役立ちます.

  • 取り扱い書店

見本を見る

画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます


序文

 女性の下腹部痛を来す疾患は婦人科疾患だけではなく,外科・内科・小児科・泌尿器科など多岐にわたります.
 患者は症状や原因が明らかな場合であれば,婦人科専門医を受診することが可能と思われます.しかし,そうでない場合は一般内科を受診することになります.そのとき,内科医は腹痛の原因検索のために,必ず超音波検査を緊急で依頼いたします.そのため腹部領域で行う超音波検査を担当する検査技師には,腹部スクリーニング検査として内科系や外科系の領域を問わず全領域の疾患に対する知識と技術が要求されるのです.
 一方では婦人科の超音波検査は,婦人科に診察時に行われる経腟超音波検査が主流となっているため,腹部超音波検査を専門としている検査技師は,婦人科疾患の知識と経験が非常に乏しくなっているのが現状です.
 「女性を診たら妊娠と思え」という格言があります.これは成熟女性の診察時における格言として広く知られております.これも数々の症例経験から生み出されたものと思います.
 超音波検査に携わる検査技師においても,この格言のように成熟女性の超音波検査を行うにあたり,妊娠の可能性や婦人科疾患を含めて,超音波検査に臨む必要があります.知識や経験が乏しい検査技師による検査こそ,患者にとっては大変不幸なことです.そのため超音波検査を行う技師は,たゆまぬ努力が必要で,講習会や本などで疑似体験をする必要があります.
 本書は,婦人科エコーの初心者や婦人科領域の症例経験が少ない検査技師のために,女性生殖器の解剖や性周期,性の分化などの他書の超音波関連の本には見かけない基礎的な事項を含めて,子宮と卵巣の経腹超音波検査における検査技術の習得方法や代表的な疾患について紹介いたしました.
 本書が腹部領域の超音波検査に携わろうとする検査技師にとって広く活用され,患者のために効率的な診断や治療に寄与できることを切望いたします.

2009年 著者

ページトップに戻る

担当編集者のヒトコト

本書はただの画像集ではありません.
『体外式超音波装置で女性の検査をするのに必要な知識は何か?』を追求しました.

「婦人科の基礎を学ぶ」:女性の腹部について,解剖から発生,正常画像までを徹底的かつわかりやすく解説
  ↓
「検査の手順を確認する」:検査の準備やプローブの当て方,報告書の作成手順まで,写真を用いてご紹介
  ↓
「超音波像で120の症例を学ぶ」:並列してあるCT画像・MRI画像と比較して,読影力を養えます

 以上の3ステップでまとめられた本書を,基礎の再確認や読影力向上のための参考書としてご活用ください.

ページトップに戻る

目次

第 I 章 基礎を学ぶ
女性生殖器の解剖を知る
性周期
性の発生と分化
産婦人科の主要症状
腫瘍マーカー
CT・MRIの基礎的事項

第 II 章 検査の手順
検査の準備と患者体位
婦人科エコーの画像表示法
内性器の正常エコー像
婦人科エコーの前処置
写真で見る婦人科エコーの走査方法
経腟エコーと経腹エコーの違い
女性生殖器の加齢に伴う変化
女性生殖器の生理的変化
検査の進め方と検査報告書作成

第III章 症例を学ぶ

<子宮編>
Muller管の発育異常―重複子宮―
Muller管の発育異常―腟欠損症―
鎖陰(腟閉鎖症・処女膜閉鎖症)
膀胱腟瘻
Gartner管嚢胞
子宮内避妊具(IUD)
子宮筋腫
子宮筋腫(二次変性)
巨大子宮筋腫
子宮筋腫合併妊娠
静脈内平滑筋腫(intravenous leiomyomatosis)
子宮腺筋症
ナボット嚢胞
骨盤内うっ滞症候群
子宮内膜ポリープ
子宮頸癌
放射線治療前・後の子宮頸癌
子宮頸癌―再発―
子宮体癌
子宮留水腫・留血腫・留膿腫
子宮肉腫
絨毛性疾患―胞状奇胎―
腟癌

<卵巣・付属器編>
卵巣腫瘍
卵巣腫瘍のエコーパターン分類
機能性嚢胞
内膜症性嚢胞
成熟嚢胞性奇形腫(皮様嚢腫)
未熟奇形腫
線維腫
Brenner腫瘍
傍卵巣嚢胞
漿液性嚢胞腺腫
漿液性嚢胞腺癌
粘液性嚢胞腺腫
境界悪性粘液性腫瘍
粘液性嚢胞腺癌
明細胞癌
類内膜腺癌
卵黄嚢腫瘍(内胚葉洞腫瘍)
卵巣悪性リンパ腫
卵巣癌腹腔内播種
転移性卵巣腫瘍

<急性腹症・骨盤内感染症編>
骨盤内感染症
卵管留腫
卵巣腫瘍茎捻転
特発性卵巣出血・出血性黄体嚢胞
術後合併症
子宮外妊娠

<腹膜・その他編>
腹膜偽粘液腫
腹膜中皮腫―多房性中皮腫―
卵巣腫瘍合併妊娠
卵巣過剰刺激症候群
黄体化過剰反応

読者の声を読む・投稿する

読者の声を投稿する

医師 > 産婦人科
超音波検査士 > 産婦人科
超音波 > 産婦人科


関連書籍

腹部の痛みを超音波でみる キー画像80

疾患と痛みと画像をつなぐ

検査は“プローブを握る前”に始まる だから 考える検査のため...続きを読む

産婦人科アトラス 新版

・体外式超音波による産科・婦人科領域の検査を網羅した充実のア...続きを読む

おっと思わせる!超音波検査報告書の書き方 ― 検診/泌尿器/産婦人科/体表臓器

・この症例では何を書けば良い? どこの所見が重要になる? そ...続きを読む

産婦人科2 実践編

 ・代表的術式のエキスパートを執筆陣に成熟期にある腹腔鏡手術...続きを読む

若い医師のための産婦人科学

読んだらわかる症状からの鑑別診断へのアプローチ

 ・産婦人科における症状から導かれる診断の進め方を簡潔にまと...続きを読む

産婦人科1 基礎編

 ・腹腔鏡手術に携わるすべての医師におすすめの一冊. ・解剖...続きを読む

産婦人科超音波診断アトラス

・産科・婦人科・周産期科で必須の超音波検査 を分かりやすく解...続きを読む