著者一覧から探す

  1. ホーム > 
  2. 若い医師のための産婦人科学

 

若い医師のための産婦人科学 読んだらわかる症状からの鑑別診断へのアプローチ  

林 和俊 編著/泉谷 知明 編著

定価(本体4,500円+税)   発行日:2008/07/31   ISBN:978-4-902380-41-5
B6判/288頁

 ・産婦人科における症状から導かれる診断の進め方を簡潔にまとめています.
 ・さらに鑑別診断や主な治療法もサポート.臨床で役立つ実践的な構成です.
 ・付録として2種類のぱらぱら漫画を掲載.その中身は本書を手にとってご覧ください.

  • 取り扱い書店

見本を見る

画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます


序文

 ある日,手術部の廊下でご自身の著書を手に持った麻酔科の横山先生に呼び止められた.「高知大学医学部麻酔科研修マニュアル」と書いてあるその本は,内容豊富だが,ポケットサイズ.ユーモアにあふれ,写真も多く,学生・研修医が気軽に入り込める本であることはすぐに理解できた.先生からこの本の産婦人科版を書いてみないかと勧められたのである.このような本は,とても1人では書けないと思ったが,少ない教室員全員で分担をすればちょうどの内容量であり,医師それぞれの知識の確認整理につながること,産婦人科を回る学生・研修医に「我々の産婦人科」をアピールできる絶好の機会になると考え直した.
  出版するからには,今までにない本をつくりたいと構想を練った.そこで,疾患の説明ではなく,症状から鑑別診断を考える本,DVDの付録ではなく,ぱらぱら漫画で受精および分娩を動画として示す,という全く新しいものとなった.
  内容は,決してアカデミックではなく,産婦人科診療への導入的なものになったかもしれない.しかし,本書を手に取った学生,研修医諸君が,産婦人科学に少しでも興味を持ち,産婦人科医師を志す道の始まりになればと願ってやまない.
  <以下略>

 2008年6月
 林 和俊

ページトップに戻る

担当編集者のヒトコト

産婦人科で研修をしているある日,妊娠中で腰痛を訴える患者さんに出会ったら...
 すぐに疑うべき疾患を思い浮かべ,鑑別のために問診すべき内容や行うべき検査が頭に浮かぶでしょうか? 少し不安だな...と思う若い先生にご一読いただきたいのがこの本です.

 本書は,教科書的な疾患の知識を深める書籍ではありません.
 遅れたことのない月経が遅れるようになった,お腹が痛いのだけれど,内科の先生に産婦人科を受診しなさいと言われた...この本では,産婦人科領域で出会う主な訴えに基づいて項目が立てられています.その狙いは,これまでに得た知識を改めて整理・確認して,臨床で活かす力を養う助けとなること.
 研修に先だって,あるいは研修の場で診断に悩んだその時に,リラックスしてサラリと読めるこの本をお役立てください.

ページトップに戻る

目次

I章 月経
  1.月経が今までまだない
  2.順調だった月経が遅れている
  3.月経が多い(過多月経)
  4.月経が少ない(過少月経)
  5.月経が不規則
  6.月経が長く続いている(過長月経)
  7.月経以外に出血がある(不正出血)
  8.月経時に痛みが強い(月経困難症)
  9.月経前から月経中に体調が悪い
  10.月経が遅れているが,数日前から少量の性器出血
  11.月経周期が短縮してきた

II章 不妊
  1.これまで妊娠経験なし.子供が欲しい
  2.妊娠しても流産を繰り返している

III章 おりもの
  1.帯下が多い,水っぽい帯下,帯下に色がついている
  2.かゆみがある

IV章 痛み
  1.下腹部痛
  2.上腹部痛
  3.性交時痛
  4.月経と月経の中間期の下腹部痛
  5.外陰部痛
  6.乳房痛
  7.月経が遅れている.下腹部痛がある

V章 排尿・排便
  1.尿が近い,尿が漏れる
  2.尿が出にくい
  3.便が出にくい

VI章 妊娠期
  A.妊娠初期
  1.性器出血あり
  2.嘔吐あり
  3.下腹部痛
  B.妊娠中期〜後期
  1.性器出血
  2.下腹部痛
  3.帯下増量
  4.上腹部痛
  5.手がしびれる
  6.腰が痛い
  C.産褥期
  1.下腹部痛
  2.会陰部痛
  3.高熱が出る
  4.血性悪露が続く
  5.涙もろくなった

 付録
  基礎体温について
  問診時の注意点
  内診の行い方

   索引

読者の声を読む・投稿する

読者の声を投稿する

医師 > 産婦人科
医師 > 研修医


正誤表

関連書籍

若い医師のための麻酔科学【三訂版】

・研修医や学生をはじめ多くの読者に読み継がれている本書がグレ...続きを読む

婦人科エコーマニュアル

体外式超音波でみる疾患描出のコツ

・「体外式」と「婦人科」に的を絞り,婦人科超音波検査の基礎か...続きを読む

若い医師のための泌尿器科学

 ・症候別に鑑別診断や治療,病態など必要知識を盛り込みました...続きを読む

産婦人科2 実践編

 ・代表的術式のエキスパートを執筆陣に成熟期にある腹腔鏡手術...続きを読む

産婦人科1 基礎編

 ・腹腔鏡手術に携わるすべての医師におすすめの一冊. ・解剖...続きを読む

酸・塩基平衡

・“わかって行う”ための基礎となる酸・塩基平衡の理論を丁寧に...続きを読む

産婦人科超音波診断アトラス

・産科・婦人科・周産期科で必須の超音波検査 を分かりやすく解...続きを読む

研修医のための診療指針

・学生の間には教えられることの少ない基本診療手技を解説.これ...続きを読む