著者一覧から探す

  1. ホーム > 
  2. 産婦人科超音波診断アトラス

 Vol.9

産婦人科超音波診断アトラス

千葉 喜英 編著

定価(本体12,000円+税)   発行日:2004/05/20   ISBN:978-4-902380-04-0
A4判/343頁

・産科・婦人科・周産期科で必須の超音波検査 を分かりやすく解説.
・基本はもちろん,出生前診断や胎児治療といった最新のトピックもカバー.
・詳細なシェーマと丁寧な解説入りの図が超音波診断の理解に役立つ.

  • 取り扱い書店

序文

 超音波診断装置のない時代の産婦人科医は何をしていたのだろう,と考えるぐらい今は超音波に頼った診療が行われている.超音波は何でも見えてしまうので医師国家試験の選択問題で超音波が必ず○になってしまい,問題をつくるのに困ったという話を聞いたことがある.妊娠の初診の患者さんにいきなり経腟プローブが挿入されたり,切迫早産の患者さんに対して,いきなり頸管長が計られたりすること,超音波のガイドがないと子宮内操作ができないなどは,どうも現実のことらしい.
 私が,今は歴史の中に埋もれてしまったコンパウンドスコープを用いた超音波検査の症例説明を恩師にすると,恩師はいつも「僕の超音波は指先から出るんだ」と言って,絵を描いた.こちらの方が実際のデータを得て言っているのだから,こちらが勝っていることは間違いないのだが,恩師の内診技術の正確さにも脱帽した.いくら超音波装置が発達しても古典産婦人科学は大切にしたい.
 私はいわゆる超音波屋ではあるが,生まれてくる子供が男か女かを見分けるために超音波診断装置が使われ,胎児の顔の立体写真をとることが一種のステータスになったりすると,何か腑に落ちないものを感じる.
 医学以外の使われ方は別にしたとしても,何もかもがあまりに見えすぎる故に,時には混乱や,医学的に検証できない医療も起こりうることも事実である.超音波画像はつくられた画像であることを忘れてはならない.確かに視覚は医療情報の中で最も信頼できる情報であり,病理診断が最終診断とされる理由はここにある.しかし,超音波画像は決して実際に見えている画像ではない.超音波を用いて得られた反射波をできるだけ人間の解剖学的知識に近付けるような画像で表現したにすぎない.例えば,胎児の超音波断層像で,正常とは異なる所見を得,その病態を推定することは可能であるが,それは仮説である.その仮説を検証することなく治療をして,その病的状態が消失したとする.そこまで行くと,医学的にこの治療法の有効性を証明することが困難であることに気が付く.超音波診断装置が次々と改良され,新しい推定と仮説が次々に生まれるたびにその検証の記述が必要になり,ここに超音波医学という新しい医学分野が必要となった.この仮説と検証を紐解いていくだけでもけっこう楽しい時間を過ごすことができる.完全なノンフィクションであり,キャパ(1913〜1954年)の1枚の写真が推理小説よりも遙かに想像力をかき立てるのに似ている.
 本書はアトラスの形を取った.画像に訴える部分は,できうる限り画像に語らせる手法を取った.同時に超音波を用いた画像作成の過程を誰にでも分かる表現で解説した.  執筆をお願いした人々は,すべて良き友人であり,友情だけで協力してくれた.いずれも芸術家とも言えるぐらいの超音波カメラマンであり,超音波写真一枚で大胆なストーリーを展開する人々である.ここに描かれた写真と記述が,産科婦人科学のさらなる新しい仮説やその検証を導くことを期待したい.

平成16年4月30日
千葉 喜英

ページトップに戻る

目次

第Ⅰ章:婦人科解剖の基礎と正常超音波像

第Ⅱ章:超音波診断に役立つ妊娠・胎芽・胎児発生と胎児解剖

第Ⅲ章:産婦人科領域で用いる超音波検査の原理と基本走査

第Ⅳ章
A.疾患別画像診断アトラス 婦人科領域
1.子宮の良性疾患
2.子宮の悪性腫瘍
3.卵巣良性腫瘍
4.卵巣悪性腫瘍
5.子宮外妊娠
6.不妊と避妊の超音波検査

第Ⅳ章
B.疾患別画像診断アトラス 産科領域
1.妊娠初期の異常
2.胎児固有の疾患
3.胎児発育診断と発育遅延
4.胎児水腫
5.多胎妊娠
6.胎児系統疾患
7.胎盤臍帯の異常

第Ⅳ章
C.疾患別画像診断アトラス 新生児疾患
1.新生児中枢神経系疾患

第Ⅴ章:超音波ガイド下穿刺術の実際

第Ⅵ章:胎児治療
1.胎児治療と社会的認知
2.わが国の胎児治療の普及
3.胎児治療

読者の声を読む・投稿する

■M.S.様 20代女性(産婦人科研修医)
 症例提示があって実際の臨床所見を踏まえながら学べる所が良い.図解が分かりやすい.エコーの場合,結局静止画だとよくわからないことがあるので,動画(CD-RやDVD)付属のエコー本が欲しいです.

読者の声を投稿する

医師 > 産婦人科
超音波検査士 > 産婦人科
超音波 > 産婦人科


正誤表

関連書籍

腹部の痛みを超音波でみる キー画像80

疾患と痛みと画像をつなぐ

検査は“プローブを握る前”に始まる だから 考える検査のため...続きを読む

産婦人科アトラス 新版

・体外式超音波による産科・婦人科領域の検査を網羅した充実のア...続きを読む

おっと思わせる!超音波検査報告書の書き方 ― 検診/泌尿器/産婦人科/体表臓器

・この症例では何を書けば良い? どこの所見が重要になる? そ...続きを読む

婦人科エコーマニュアル

体外式超音波でみる疾患描出のコツ

・「体外式」と「婦人科」に的を絞り,婦人科超音波検査の基礎か...続きを読む

産婦人科2 実践編

 ・代表的術式のエキスパートを執筆陣に成熟期にある腹腔鏡手術...続きを読む

若い医師のための産婦人科学

読んだらわかる症状からの鑑別診断へのアプローチ

 ・産婦人科における症状から導かれる診断の進め方を簡潔にまと...続きを読む

産婦人科1 基礎編

 ・腹腔鏡手術に携わるすべての医師におすすめの一冊. ・解剖...続きを読む