著者一覧から探す

  1. ホーム > 
  2. 若い医師のための麻酔科学【三訂版】

若い医師のための麻酔科学【三訂版】

横山 武志 著/飯島 毅彦 著/諏訪 邦夫 監修/山下 幸一 監修

定価(本体4,500円+税)   発行日:2014/4/30   ISBN:978-4-906714-13-1
B6判/360頁

・研修医や学生をはじめ多くの読者に読み継がれている本書がグレードアップ.
・ポイントを抑えた解説とユーモア溢れるコラム満載で楽しく学べる1冊です.

  • 取り扱い書店

見本を見る

画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます


序文

三訂版序文

 本書の目的は,若い先生に楽しく麻酔科学を学んでいただくことです.同時に,麻酔科学に関する様々な事象をしっかり考えていただきたいという思いから,この三訂版を執筆致しました.
 人生では思わぬことが起こります.私の場合もふとしたきっかけで,麻酔科学の道に足を踏み入れていました.東大病院での麻酔研修で,花岡先生や諏訪先生に初めてご指導いただいたのが20年も前のことになります.当時はまだチオペンタールと筋弛緩薬だけで導入するような麻酔が主流でした.その後,高知大学で真鍋先生の下で勉強させていただきました.ちょうど留学から帰国したときに初期研修制度が開始され,高知大学附属病院麻酔科研修マニュアルを作製したことが,本書の初版執筆のきっかけでした.
 本書の初版を出版してから2年後に改訂版を上梓し,さらに5年が過ぎました.その間にも麻酔科学は日進月歩で大きく変化しました.デスフルランが登場してより早い覚醒が可能になりました.また,非脱分極性筋弛緩薬の拮抗薬としてスガマデクスが使用できるようになり,より安全で確実な筋弛緩のリバースができるようになりました.膠質液もボルベンが導入され,周術期の輸液療法も着実に進化しています.麻酔中にブドウ糖を投与することも, 少しずつですが常識になりつつあります.ERAS(enhanced recovery after surgery)のプログラムも日本で次第に普及しています.術前の炭水化物負荷の意義についてはまだ十分に理解されていないようですが,とりあえず飲水制限も術前2時間に短縮されました.
 今回の三訂版の執筆にあたっては,飯島毅彦先生に共著者としてご参加いただきました.監修は諏訪邦夫先生と山下幸一先生にお願い致しました.この他,矢田部智昭先生にも有益なアドバイスをいただきました.深謝致します.
 麻酔科学を学ぶ若い先生方にとって,本書が少しでもお役に立てることを祈っています.

2014年春
横山武志
 

監修者序文

 横山武志先生の素晴らしい教科書が改訂されました.
 本を書くのは容易ではありませんが,改訂はさらに難しいもので,新しい所見を加えながら,「読者の要求に適う」ように評価しながら書き直す必要があります.
 今回の三訂版は,著者が新しい教室を主宰する立場に就いて初めてのものですが,知見の追加と全体の書き直しがバランスよく出来上がっていて歓迎します.
 特徴として,一部の教科書にみられるように,項目だけが切り離して書いてあって説明がないのは不満が強いものに対して,本書ではそれが極く少なく論理や説明が加わっている点が気に入っています.
 本書の特徴である数多い「囲み記事(コラム)」も,「ひと休み・ミニ知識・麻酔科医の独り言・手技のコツ・エピソード・考えてみよう!」など,さらに多彩になり,読者の方々も楽しんでいただけると確信します.
 本書がさらに数多くの方々に愛読され,これから一層成長していくことを疑いません.

2014年春
諏訪邦夫

ページトップに戻る

目次

総論

序章:麻酔について
1.術前回診
2.麻酔薬についての基礎知識
3.麻酔の準備
4.静脈路・中心静脈路・動脈ラインの確保
5.麻酔導入
6.気管挿管
7.麻酔維持
8.呼吸管理
9.循環管理
10.輸液
11.輸血
12.代謝・栄養管理
13.周術期の筋弛緩とモニタリング
14.覚醒
15.術後回診
16.全身性疾患を有する患者の麻酔
17.脊髄くも膜下麻酔
18.硬膜外麻酔

各論

1.腹部外科の麻酔
2.胸部外科の麻酔
3.整形外科の麻酔
4.産科婦人科の麻酔
5.脳神経外科の麻酔
6.耳鼻咽喉科の麻酔
7.泌尿器科の麻酔
8.歯科口腔外科の麻酔
まとめ:良い麻酔の基本ルール

読者の声を読む・投稿する

■S.O様 20代男性(麻酔科研修医)
 コラムなどが何気なく気になっていたのことの解決策となっていることもあり,興味をもって読み進めることができた.

■S.O.様 20代男性(看護師)
 もう少し輸液(手術中の)について詳しく欲しかった.

読者の声を投稿する

医師 > 麻酔科
医師 > 研修医


関連書籍

心電図ドリル

学生のための心電図のドリルができました! 本書は心電図の学習...続きを読む

VOL.10

経食道心エコー図法

撮り方と診断

・詳細にかつリアルタイムに把握できるTEEは,循環器内科,麻...続きを読む

若い医師のための泌尿器科学

 ・症候別に鑑別診断や治療,病態など必要知識を盛り込みました...続きを読む

若い医師のための産婦人科学

読んだらわかる症状からの鑑別診断へのアプローチ

 ・産婦人科における症状から導かれる診断の進め方を簡潔にまと...続きを読む

酸・塩基平衡

・“わかって行う”ための基礎となる酸・塩基平衡の理論を丁寧に...続きを読む

研修医のための診療指針

・学生の間には教えられることの少ない基本診療手技を解説.これ...続きを読む