著者一覧から探す

  1. ホーム > 
  2. 経直腸的前立腺超音波(TRUS)の使い方

今日からできる   経直腸的前立腺超音波(TRUS)の使い方 生検・小線源ガイドから診断的活用法まで  

大堀 理 著/大野 芳正 著

定価(本体3,600円+税)   発行日:2014/10/24   ISBN:978-4-906714-21-6
B5判/104頁

・超音波ガイドとしての使い方,本当に理解していますか?
・日常診療の中で,TRUSを本当に活用できていますか?

本書を読むことで,経直腸的前立腺超音波(TRUS)をもっと上手に活用できるようになります.ガイドから診断まで“TRUSの真の実力”をお確かめください.

  • 取り扱い書店

見本を見る

画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます


序文

 本書の前身となる『前立腺超音波診断アトラス』を出版してから早15年,この15年間に前立腺癌の臨床は大きく変化した.手術も増加し,日本においても根治術は日常の手術になり,腹腔鏡下の手術も増加,最近ではロボット支援手術が増加している.また,密封小線源療法も重要な選択肢となっている.
 こういった進歩・変化の中で,前立腺超音波の役割も変化しつつある.
 1980年後半から1990年代においては,前立腺癌の発見と病期診断に対する役割が大きかったが,現在では生検ガイドとしての役割が中心になっている.これは,PSAによる早期発見が進み,対象がさらに早期になりつつある中で,超音波で発見される低エコー域が減少したことも一つの要因であろう.
 画像診断では,MRIが前立腺内部構造を描写する最も優れた画像であり,さらにスぺク ロトスコピーの出現によって生物学的活性を画像として表現することが可能となり,今後も期待されている.さらに最近では“active surveillance”や“focal therapy”を背景に,MRIと超音波のfusion画像下の生検が注目されている.  しかし,そういった状況の違いがあっても,多くは超音波による画像診断や生検が必要である.超音波の実際と超音波上の前立腺解剖を熟知することで,効率よく診断することが可能になり,その結果として多くの患者の痛みを軽減することにも繋がる.
 本書では,経直腸的前立腺超音波(TRUS)の実際と生検方法を再確認し,さらに小線源療法における超音波の役割を中心に述べる.

平成26年9月
大堀 理

ページトップに戻る

目次

1.基礎知識

1.経直腸的前立腺超音波(TRUS)の役割と活用法 
 1.TRUSの役割とその変化 
 2.現在のTRUSの具体的活用法 
 3.本書の内容構成について 
2.前立腺とその周囲の解剖(超音波解剖)
 1.基本構造 
 2.精嚢・精管膨大部の解剖 
 3.前立腺の内部構造 
 4.TRUSにおける前立腺各領域の一般的な呼び方 
3.TRUSのための準備と実際 
 1.超音波の原理と機器 
 2.プローブの種類と特徴 
 3.プローブの準備方法 
 4.体位
 5.直腸診(スキャン直前に行う) 
 6.基本的なスキャンの方法

2.生検・小線源ガイド

1.生検における活用法
 1.適応
 2.禁忌
 3.準備
 4.生検針・自動生検装置
 5.体位
 6.麻酔
 7.生検方法
 8.合併症
 9.患者への注意事項
   参考資料1:生検の説明書(東京医科大学での掲示例)
   参考資料2:生検のためのデータフォームの一例
2.密封小線源療法における活用法
 1.適応とTRUSの役割
 2.シードの計画段階での活用
 3.シード挿入時のモニタリング
   参考資料:前立腺の計測法
   症例:測定方法による差異:実例(60歳代)

3.診断的活用法

1.前立腺癌
 1.前立腺癌診断における超音波の意義
 2.スキャンの方法
 3.前立腺癌とエコーの性状
   症例:わずかに低エコー域が見られる例(50歳代)
   症例:典型的な低エコー域が見られる症例(1)(60歳代)
   症例:典型的な低エコー域が見られる症例(2)(50歳代)
   症例:典型的な低エコー域が見られる症例(3)(60歳代)
 4.TRUSとTNM病期分類との関連性
 5.TRUSによる病期診断
 6.前立腺癌治療後の超音波所見
   症例:進行前立腺癌(70歳代)
2.前立腺肥大症
 1.前立腺肥大症の頻度
 2.前立腺肥大症の超音波所見
3.前立腺嚢胞
 1.TRUS上に見られる嚢胞とその分類
   症例:排尿時違和感のため精査(40歳代)
   症例:夜間頻尿を主訴に来院(60歳代)
   症例:排尿時違和感を主訴に来院(60歳代)
   症例:早期前立腺癌の診断にて小線源療法を目的に来院(70歳代)
   症例:頻尿・残尿感・尿意切迫を主訴に来院(70歳代)
4.前立腺炎・血精液症・男性不妊・前立腺結石
 1.前立腺炎の超音波所見
 2.前立腺炎の4つのタイプ
 3.血精液症の超音波所見
   症例:繰り返す精液の出血と陰嚢の違和感で来院(50歳代)
 4.男性不妊と関連した超音波所見
 5.前立腺結石の超音波所見
   症例:慢性前立腺炎様症状で来院(40歳代)

読者の声を読む・投稿する

読者の声を投稿する

医師 > 泌尿器科
超音波 > 泌尿器


関連書籍

腹部の痛みを超音波でみる キー画像80

疾患と痛みと画像をつなぐ

検査は“プローブを握る前”に始まる だから 考える検査のため...続きを読む

集学的治療時代に向けて

泌尿器科 悪性腫瘍の治療戦略

指針の根拠と実症例

・無限ともいえる選択肢を前に 何をどう考え治療を進めるのか....続きを読む

前立腺がんに対するロボット手術

連続写真と動画で学ぶ手技のコツと落とし穴

・パイオニアの著者だから書けた本音をありのままに公開.この1...続きを読む

腎泌尿器

症例から学ぶ 術者のための実践手術手技

 ・果たしてエキスパートたちは困難症例にどう立ち向かったのか...続きを読む

おっと思わせる!超音波検査報告書の書き方 ― 検診/泌尿器/産婦人科/体表臓器

・この症例では何を書けば良い? どこの所見が重要になる? そ...続きを読む

腎・泌尿器アトラス

・腎臓から精巣まで,幅広い腎・泌尿器領域を1冊にしっかりまと...続きを読む

若い医師のための泌尿器科学

 ・症候別に鑑別診断や治療,病態など必要知識を盛り込みました...続きを読む

Dr.スカルディーノの前立腺全書

 ・「前立腺と男性」「一般の前立腺疾患」「前立腺がん」の3部...続きを読む

早期前立腺癌の根治的恥骨後式前立腺全摘除術

術式と実際とポイント

 ・前立腺全摘除術の実際をstep by stepの写真とシ...続きを読む

これだけは知っておきたい

尿路変向術

 ・数え切れないほどある尿路変向術の術式から,メこれだけを知...続きを読む