著者一覧から探す

  1. ホーム > 
  2. 病理診断アトラス Vol.2

病理医・臨床医のための   病理診断アトラス Vol.2 — “彩の国さいたま”病理診断セミナーからのメッセージ 乳腺・骨軟部・皮膚・内分泌臓器・唾液腺  

村田 晋一 編著

定価(本体8,500円+税)   発行日:2010/05/17   ISBN:978-4-902380-64-4
B5判/208頁

・『“彩の国さいたま”病理診断セミナー』のアトラスが完成しました!
・vol.2の本書では,「細胞診総説」と,乳腺・骨軟部・皮膚・内分泌臓器・唾液腺の領域で105症例を掲載.
・症例写真と概念・所見・鑑別診断の解説で,診断のコツを学ぶことができます.

  • 取り扱い書店

見本を見る

画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます


序文

埼玉医科大学病理学教室が清水道生教授を中心として主催してきました“彩の国さいたま”病理診断セミナーは,2002年の開始から2010年で第9回目の開催を迎えます.毎年,100名に近い病理医,特に病理専門医を目指す若手病理医の先生方の参加を得て,充実したセミナーとなっています.埼玉医科大学は大学附属病院,国際医療センター,総合医療センターの3つの病院を抱えており,各病院の病理診断科および病理部にはほぼ全分野の専門家がスタッフとして所属しています.埼玉医科大学では,これらのスタッフが有機的につながり,日常の病理診断や若手病理医の教育を行っています.本セミナーでは,埼玉医科大学で行われている教育内容のみならず,全国から講師としてお呼びした各分野や臓器の専門家から,病理診断に関する基本事項,知っておきたいトピックス,最新の知見などを,二日間にわたり密度高く学ぶことができます.また,顕微鏡実習も行っており,直接,講師陣から病理標本の所見の取り方を学ぶことができることも本セミナーの魅力です.
 “彩の国さいたま”病理診断セミナーの魅力の一端をより多くの方々に知っていただくことを目的として,本セミナーの内容を「病理診断アトラス~“彩の国さいたま”病理診断セミナーからのメッセージ~」として出版することとなりました.2009年の第一巻を皮切りに,この度,第二巻および第三巻が出版されます.第二巻では,総論に細胞診総説を記載し,各論に乳腺,骨軟部,皮膚,内分泌臓器および唾液腺領域の105症例を掲載しています.細胞診は,組織診と比較して,組織構築が読みにくく,細胞所見が判断の中心になるため,診断に苦慮することが少なくありません.特に,初学者はどのように細胞診の診断を進めてよいか迷ったり,苦手意識を持ったりすることが多いと思われます.そこで,細胞診総説では,初学者に学びやすい細胞診断法として,パターン的細胞診断法を紹介しています.また,各論では,最低限知っておきたい正常解剖や基本事項を記載し,さらに具体的な症例を提示しながら,概念,病理所見ならびに鑑別診断を解説しています.本アトラスは病理医の先生方のみならず,臨床医あるいは検査技師,看護師,学生などの方々にも,病理の基本事項を学ぶにあたり,役立つ内容になっています.

2010年4月
村田 晋一

ページトップに戻る

担当編集者のヒトコト

“彩の国さいたま”病理診断セミナーのアトラスが完成しました!

埼玉医科大学国際医療センター病理診断科主催のセミナーをご存知ですか?
定員オーバー・キャンセル待ち,の状況になってしまうことからもわかる通り,実践的で非常に充実した密度の濃い内容に定評のあるセミナーです.
「セミナーで扱った症例を是非書籍にしたい」という先生方の熱意により,この本は形になりました.

セミナーで解説された豊富な標本写真を再収録した本書を見て,セミナー参加経験のある方は復習に,参加したことのない方は実習形式での症例の学習に,是非ご活用ください.

ページトップに戻る

目次

Ⅰ.細胞診総説
1.はじめに
2.細胞診の基本
1)細胞検体の採取方法
2)標本作製方法
3)標本の染色法
3.パターン的細胞診断法の概略
4.細胞所見の取り方
5.診断の進め方
1)病理総論的判定
2)病理各論的判定
6.代表的な病変の診断と鑑別のポイント
1)腺上皮病変の診断
2)扁平上皮病変の診断
3)尿路上皮病変の診断
4)非上皮系病変の診断
7.最終診断を誤った場合の対処法
1)細胞所見の取り方に問題があった場合
2)病理総論的あるいは病理各論的判断のいずれかの診断過程に問題があった場合
3)診断が困難な症例であった場合
8.まとめ
【臨床医へのメッセージ】
【病理医へのメッセージ】

Ⅱ.乳腺
1.乳腺の正常構造
1)乳房体
2)乳頭(nipple)
3)乳輪(areola)
4)副乳
5)乳房のリンパ管
2.病理診断概論
1)病理診断の進め方
2)トピックス
症例

Ⅲ.骨軟部・皮膚
1.骨軟部
1)骨の正常構造
2)関節の正常構造
3)軟部組織の構成成分
4)病理診断の進め方・ポイント
2.皮膚
1)皮膚の正常構造
2)皮膚病理でよく用いられる用語
3)病理診断概論
3.トピックス:メルケル細胞癌におけるポリオーマウイルス
症例
1.骨軟部
2.皮膚

Ⅳ.内分泌臓器
1.下垂体
1)正常構造と機能
2)病理診断の進め方・ポイント
3)トピックス:下垂体腺腫の浸潤
2.甲状腺
1)正常構造と機能
2)診断の進め方・ポイント
3)トピックス:乳頭癌
3.副甲状腺
1)正常構造と機能
2)診断の進め方・ポイント
3)トピックス:悪性度の判定
4.副腎
1)正常構造と機能
2)診断の進め方・ポイント
3)トピックス:高血圧と原発性アルドステロン血症
5.傍神経節(パラガングリオン)
1)正常構造と機能
2)診断の進め方・ポイント
3)トピックス:褐色細胞腫と傍神経節腫
症例

Ⅴ.唾液腺
1.唾液腺の正常構造
1)大唾液腺
2)小唾液腺
3)組織像
2.病理診断の進め方・ポイント
3.トピックス:慢性唾液腺炎
症例

読者の声を読む・投稿する

読者の声を投稿する

医師 > 病理
臨床検査技師 > 病理


関連書籍

病理医・臨床医のための

病理診断アトラス Vol.1

— “彩の国さいたま”病理診断セミナーからのメッセージ 消化器・呼吸器・縦隔・心臓・血管

・「診断病理学」を教える著者がお送りする,臨床病理診断に直結...続きを読む

病理医・臨床医のための

病理診断アトラス Vol.3

— “彩の国さいたま”病理診断セミナーからのメッセージ 婦人科・泌尿器・骨髄・リンパ系器官・脳・その他

・『“彩の国さいたま”病理診断セミナー』のアトラスが完成しま...続きを読む

病理像との対比と参考症例に学ぶ

胸部の画像診断2.奇形・縦隔・胸膜 他

・「1.肺」の続編となる本書では,奇形(先天性疾患),縦隔,...続きを読む

肺癌細胞診断 改訂版

形態とその臨床

・肺癌の確定診断に用いる様々な検査方法をはじめ,組織分類に基...続きを読む

Autopsy imaging 症例集

死亡時画像診断のための読影マニュアル

・これまでに小社ではAi関連書として,総合学習のための「Au...続きを読む

病理像・関節鏡像との対比と参考症例に学ぶ

骨軟部の画像診断

・骨軟部領域では,治療方針の決定に臨床医,画像診断医,そして...続きを読む

病理像との対比と参考症例に学ぶ

胸部の画像診断1.肺

・近年,画像診断の精度は飛躍的に高まり,画像診断医・病理医と...続きを読む

血液疾患診断アトラス

・医師,臨床衛生検査技師として知っておくべき主要血液疾患の血...続きを読む