著者一覧から探す

  1. ホーム > 
  2. 超音波検査士認定試験対策:基礎編【四訂版】

過去問分析〜出題のポイントで学ぶ   超音波検査士認定試験対策:基礎編【四訂版】 模擬試験5×35+クイック復習ノート  

東京超音波研究会 如月会 編著

定価(本体4300円+税)   発行日:2017/6/30   ISBN:978-4-906714-52-0
A5判/236頁

・第33回(2017年)の認定試験から試験日が11月下旬/12月上旬の日曜日に変更されました.
・日程の変更に対応して,いち早く改訂版をお届けします.
・今回も受験者からのアンケートを基に最新の出題傾向を反映.
・模擬試験は直近2年の問題を取り入れ,2編を差し替えています.
・クイック復習ノートでは日本超音波医学会の用字・用語に留意しつつ,全体をさらにブラッシュアップしています.

 

  • 取り扱い書店

見本を見る

画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます


序文

四訂の序

 如月会は,1995年(平成7年)『第10回超音波検査士認定試験』に向けて受講生を募集した講習会としてスタートし,20年以上の歴史があります.その間,多くの方々が如月会を受講し,認定を取得されています.受講生には講義内容の評価,試験問題復元のアンケートをお願いし,次年度の如月会の充実にご協力をいただきました.
 本書は如月会での講習会の経験を活かし,超音波検査士を目指す方々のテキストとして2011年11月に初版が刊行されました.超音波の基礎領域を解説した「クイック復習ノート」と実際の認定試験に即した「模擬試験」5セットの構成になっています.
 刊行に際して2年ごとに改訂を行い,クイック復習ノートの充実と模擬試験の入れ替えを方針とし,改訂版(2013年),三訂版(2015年)と改訂を重ね,今回,四訂版を刊行することができました.
 第33回超音波検査士認定試験(2017年)から試験日が2月から11月に変更になりました.試験には毎回2,000人前後の方々が受験されています.
 初版刊行以来,多くのご意見・ご質問が寄せられてきました.超音波検査士認定試験を目指す方々の真剣さが伝わってくる内容です.ご購入していただきました皆様には感謝申し上げるとともに,執筆者として責任の重さを感じる次第です.
 本書が認定試験のお役に立てること,また超音波の基本原理の理解の一助になれれば幸いに存じます.

2017年6月
著者代表 大波 忠

ページトップに戻る

目次

【模擬試験1〜5】

模擬試験1   3
模擬試験2   27
模擬試験3   53
模擬試験4   75
模擬試験5   97

【クイック復習ノート】

<音響の原理>

1.超音波の性質を覚えよう   120

(1)超音波の定義を知っておこう   120
(2)波の伝わり方を知っておこう   120
(3)連続波とパルス波の違いを知っておこう   121
(4)周波数と周期を知っておこう   121
(5)パルス繰返し周波数を知っておこう   122
(6)波長と音速を知っておこう   123

2.超音波の物理特性を覚えよう   124

(1)音波の反射と透過を知っておこう   124
(2)音波の屈折を知っておこう   126
(3)音波の減衰を知っておこう   128
(4)音波の干渉を知っておこう   129
(5)音波の散乱を知っておこう   130
(6)音波の回折を知っておこう   131

3.振動子の形状と音場の関係を覚えよう   132

(1)音場を知っておこう   132
(2)円形平面振動子の音場を知っておこう   132
(3)凹面振動子の音場を知っておこう   133

4.空間分解能を覚えよう   134

(1)空間分解能の意味と3要素を知っておこう   134
(2)距離分解能を知っておこう   134
(3)方位分解能を知っておこう   135
(4)スライス幅分解能を知っておこう   135
(5)マトリックスアレイプローブを知っておこう   135

5.パルス持続時間と帯域幅を覚えよう   136

(1)パルス持続時間と帯域幅,距離分解能の関係を知っておこう   136
(2)Qファクタと比帯域を知っておこう   136

6.ハーモニックイメージングを覚えよう   138

(1)非線形現象を知っておこう   138
(2)ハーモニックイメージングの種類を知っておこう   138
(3)ティッシュハーモニックイメージング(THI)を知っておこう   138
(4)コントラストハーモニックイメージング(CHI)を知っておこう   139

7.エラストグラフィ(elastography)を覚えよう   140

(1)エラストグラフィの原理を知っておこう   140
(2)加振方法を知っておこう   140
(3)映像化手法を知っておこう   140

<生体の音響特性>

1.音速,密度,体積弾性率の関係を覚えよう   142

2.生体各部の音響特性を覚えよう   142

3.生体内での周波数依存減衰を覚えよう   143

4.スペックルパターンを覚えよう   143

<パルス反射法>

1.パルス反射法による走査方法を覚えよう   144

(1)表示モードを知っておこう   144
(2)走査方式を知っておこう   144
(3)走査の種類を知っておこう   144

2.電子走査を覚えよう   145

(1)リニア電子走査を知っておこう   145
(2)セクタ電子走査を知っておこう   150

3.機械式走査を覚えよう   151

(1)単一素子振動子(シングルエレメント)を知っておこう   151
(2)アニュラアレイスキャナを知っておこう   151

4.アーチファクト(虚像)を覚えよう   152

(1)サイドローブを知っておこう   152
(2)グレーティングローブを知っておこう   153
(3)多重反射を知っておこう   155
(4)ミラーイメージ(鏡面現象)を知っておこう   156
(5)音速による画像の歪みを知っておこう   156
(6)屈折によるアーチファクト(虚像)を知っておこう   157
(7)パルス繰り越しによるアーチファクト(虚像)を知っておこう   157

<ドプラ法>

1.ドプラ効果を覚えよう   158

2.超音波ドプラ法を覚えよう   159

(1)ドプラ法の基本原理を知っておこう   159
(2)ドプラシフト(ドプラ偏移)を知っておこう   160
(3)角度補正を知っておこう   163
(4)周波数分析を知っておこう   163

3.ドプラ処理回路を覚えよう   164

4.連続波(CW)ドプラ法を覚えよう   165

5.パルス(PW)ドプラ法を覚えよう   166

(1)ナイキスト周波数(最大偏移周波数)を知っておこう   166
(2)最大検出可能流速,最低検出可能流速を知っておこう   166
(3)ドプラ波形を知っておこう   168
(4)ミラー効果(mirror effect)を知っておこう   169

6.カラードプラ法(CFM)を覚えよう   170

(1)血流方向とカラー表示を知っておこう   170
(2)視野角とフレームレートを知っておこう   170

7.ウォールフィルタ(wall filter)を覚えよう   172

8.サンプルボリュームを覚えよう   173

9.エイリアシング(折り返し現象)を覚えよう   174

<診断装置>

1.超音波診断装置の構成を覚えよう   175

2.装置内部での信号処理を覚えよう   178

(1)対数増幅器を知っておこう   178
(2)ダイナミックレンジを知っておこう   179
(3)ゲイン(gain)を知っておこう   179
(4)STC(sensitivity time control)を知っておこう   180
(5)包絡線検波を知っておこう   180
(6)リジェクションを知っておこう   181
(7)ガンマ特性を知っておこう   181

3.計測を覚えよう   182

(1)Bモード計測を知っておこう   183
(2)Mモード計測を知っておこう   183
(3)ドプラモード計測を知っておこう   184
(4)計測の精度を知っておこう   185

<プローブ(探触子)>

プローブ(探触子)の基本構造を覚えよう   186

(1)プローブの基本構造を知っておこう   186
(2)振動子を知っておこう   186
(3)音響整合層(マッチング層)を知っておこう   187
(4)音響レンズを知っておこう   188
(5)音響吸収材(バッキング・ダンパー)を知っておこう   188

<診断装置の操作・運用>

1.カップリングメディアを覚えよう   190

 カップリングメディアを知っておこう   190

2.画像の通信・保存(DICOM規格)を覚えよう   190

 DICOM規格を知っておこう   190

3.音響出力測定を覚えよう   193

(1)ハイドロホン法を知っておこう   193
(2)カロリメトリー法を知っておこう   193
(3)放射圧法を知っておこう   194
(4)総合感度を知っておこう   194

4.診断装置と周辺機器の接続を覚えよう   195

(1)インピーダンスマッチングを知っておこう   195
(2)カラーディスプレイの結線方法を知っておこう   195

<安全性・保守管理>

1.音響強度の表示方法を覚えよう《音響的安全①》   196

 音響強度とMI・TIを知っておこう   196

2.超音波の生体作用を覚えよう《音響的安全②》   198

 超音波の生体作用の種類を知っておこう   198

3.音響強度と安全性を覚えよう《音響的安全③》   201

 安全のガイドラインを知っておこう   201

4.漏れ電流と発熱を覚えよう《電気的および熱的安全》   203

(1)漏れ電流の種類を知っておこう   203
(2)患者装着部の分類と漏れ電流の許容値を知っておこう   204
(3)プローブの発熱を知っておこう   205
(4)プローブの傷と電気的安全を知っておこう   205

5.プローブの清掃・消毒・滅菌を覚えよう《保守管理①》   206

(1)プローブの清掃・消毒・滅菌を知っておこう   206
(2)消毒・滅菌の方法を知っておこう   206

6.設置上の注意を覚えよう《保守管理②》   207

(1)設置を避けるべき場所を知っておこう   207
(2)電源に関する注意事項を知っておこう   207
(3)アース(保護接地線)の取り方を知っておこう   207

7.超音波診断装置の保守点検を覚えよう《保守管理③》   208

<数式のポイント>

公式集   210

<出題ポイント>

別模擬試験問題一覧   214

読者の声を読む・投稿する

読者の声を投稿する

超音波検査士 > 基礎
臨床検査技師
診療放射線技師
超音波 > 基礎


正誤表

関連書籍

過去問分析〜出題のポイントで学ぶ

超音波検査士認定試験対策:基礎編【第3版】

模擬試験5×35+クイック復習ノート

・認定試験の出題傾向の変化をいち早く反映した改訂です. ・模...続きを読む

超音波の基礎と装置 四訂版

・「試験会場に行けば皆が持ってる」との言葉を頂くほど多くの方...続きを読む

おっと思わせる!超音波検査報告書の書き方 ― 消化器/消化管

・この症例では何を書けば良い? どこの所見が重要になる? そ...続きを読む

おっと思わせる!超音波検査報告書の書き方 ― 検診/泌尿器/産婦人科/体表臓器

・この症例では何を書けば良い? どこの所見が重要になる? そ...続きを読む

おっと思わせる!超音波検査報告書の書き方 ― 心臓/血管

・この症例では何を書けば良い? どこの所見が重要になる? そ...続きを読む

腹部超音波テキスト 上・下腹部 改訂第三版

・500を超える症例で腹部超音波を徹底解説.・解説のすみずみ...続きを読む