著者一覧から探す

  1. ホーム > 
  2. 心疾患 動くアトラス

クリックして理解を深める   心疾患 動くアトラス 国循勉強会から学ぶ生理検査のレシピ  

鎌倉 史郎 監修/増田 喜一 責任編集/仲宗根 出 責任編集/橋本 修治 責任編集

定価(本体5,700円+税)   発行日:2011/05/10   ISBN:978-4-902380-60-6
A5判/64頁

・パソコンのブラウザで閲覧・操作して,インタラクティブな勉強ができる,これまでにないアトラスです.
・国立循環器病研究センターの臨床検査部に蓄積されてきた資料の中から,30の心疾患を厳選して収録しました.勉強会で代々受け継がれてきた貴重な資料を「生理検査のレシピ」としてまとめています.
・付録冊子には本編(DVD)で使用した略語をまとめています.
・その他,DVDのスライドと解説を,パソコンのディスプレイ上で電子書籍のスタイルで読めるコンテンツも搭載.
 

  • 取り扱い書店

見本を見る

画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます

DVDのサンプル版をお試しいただけます.
※サンプル版では「先天性心疾患の冠動脈瘻」のみご覧いただけます.以下の順で操作してください.
(1)起動画面のENTERボタンをクリックしてください.
(2)TOPページの「先天性心疾患」のボタンをクリックしてください.
(3)症例選択画面の「冠動脈瘻」のボタンをクリックしてください.
※他の疾患はリンクを設定しておりませんので予めご了承ください. 


序文

 待ちに待った『心疾患 動くアトラス』が完成した.われわれ国立循環器病センター生理機能検査部に籍を置いた仲間達が育んできた勉強会の汗と涙の結晶であり,これはまさに先輩技師の指導の下で後輩技師を育てあげてきた「生理検査のレシピ」といえよう.また,あらゆる検査の特徴を知るだけではなく,心疾患を通して,検査を行う意義,用いるべき正しい検査法を理解し,実践していくガイドラインともいえる.この症例集の源泉となった勉強会資料は,われわれスタッフ技師の再教育も含め,新人技師や研修生教育の一環として利用してきたが,生理機能検査に関わっておられる全国の多くの皆様方に対して少しでも役立てていただけたらとの思いが本症例集誕生の発端である.
 さて,永年培ってきた生理機能検査勉強会の歴史を少し紐解いてみたい.国立循環器病センター(2010年から国立循環器病研究センター)は,循環器病制圧のため国の中枢機関として1977年に開設され,今年でちょうど34年目を迎える.「高度な専門医療」「循環器病に関する調査と研究」「循環器病医療従事者の研修と教育」等の達成を目的に設立され,病院・研究機関からなるナショナルセンターである.われわれの所属した臨床検査部門は,検体検査を扱う臨床検査部と生体検査を扱う生理機能検査部とに分かれ,それぞれ専門的に臨床検査が探求できる本邦初の画期的なシステムの下でスタートした.
 当初は両検査部合同の勉強会が月1回開催され,互いに研鑽できる下地が作成されると,やがて検査部独自の勉強会へと発展していった.最初は業務を始める前の早朝にスタッフ全員が集まり,榊原博検査部長の指導による心電図判読会が始まった.やがて心エコー検査の勉強会へとステップアップし,部員達の基礎的能力・体力が付くにつれて学会発表を目標とした研究発表会へと発展していった.また,時代の節目,節目には新人技師教育の一環として本症例集のような「生理検査のレシピ」が伝えられたのである.一方,当検査部は我が国の臨床検査の情報発信基地でなければならないという使命感や果てしない探求心から,今までに発信された論文,研究発表は数多く,その源泉となったのが生理機能検査勉強会であったことはいうまでもない.

 検査業務と研究成果の完遂は国立循環器病研究センター臨床検査部に課せられた使命であるが,今後,生理機能検査勉強会を通して臨床検査学のさらなる発展のために邁進していただくことを切に望むものである.最後に,多大なご協力とアドバイスをいただいた関係者の皆様に心からお礼を申し上げる.

2011年4月吉日

責任編集者 増田 喜一,仲宗根 出,橋本 修治

ページトップに戻る

目次

弁膜疾患
■僧帽弁逆流
■僧帽弁狭窄
■大動脈弁狭窄
■人工弁機能不全

弁膜疾患・感染性心内膜炎
■大動脈弁逆流,感染性心内膜炎

虚血性心疾患
■狭心症
■心筋梗塞

心筋疾患
■肥大型心筋症
■拡張型心筋症
■拘束型心筋症
■不整脈源性右室心筋症
■心アミロイドーシス
■レフレル心内膜炎

心膜疾患
■収縮性心膜炎
■心タンポナーデ

先天性心疾患
■心房中隔欠損
■心室中隔欠損
■Eisenmenger症候群
■ファロー四徴
■Ebstein奇形
■肺動脈狭窄
■冠動脈瘻

その他
■大動脈解離
■大動脈弁輪拡張症
■原発性肺高血圧症
■肺血栓塞栓症
■高血圧
■心臓腫瘍
■悪性リンパ腫
■心腔内血栓

読者の声を読む・投稿する

読者の声を投稿する

医師 > 循環器科
超音波検査士 > 循環器
超音波 > 循環器
その他の臨床検査


正誤表

関連書籍

むずかしくないキホンの一冊

成人先天性心疾患の心エコー

評価ポイントから治療方針,術式までわかる

・成人先天性心疾患の心エコーに必要なエッセンスを一冊の本にま...続きを読む

VOL.10

経食道心エコー図法

撮り方と診断

・詳細にかつリアルタイムに把握できるTEEは,循環器内科,麻...続きを読む

臨床3次元心エコー

症例から学ぶ2次元心エコーとの比較

 ・現在,非常に注目を集めている『3次元心エコー』についての...続きを読む

Clinical 3D Echocardiography

A Comparison with 2D EchocardiographyCase Presentations

・ベクトル・コアから世界に向けて,全編英語の書籍が刊行されま...続きを読む

おっと思わせる!超音波検査報告書の書き方 ― 心臓/血管

・この症例では何を書けば良い? どこの所見が重要になる? そ...続きを読む

循環器・救急医のための

心電図の症例集

CCUの現場で学ぶ120例

 ・コンセプトは『心電図の症例集』,珍しい症例や知っておいて...続きを読む

胸部単純X線

循環器疾患アトラス

・47もの症例を通して,胸部単純X線における循環器疾患の読影...続きを読む

頸動脈エコーマニュアル 改訂版(DVD付き)

撮り方から計測まで

・簡潔でわかりやすい構成はそのままに,ガイドラインの改訂に伴...続きを読む

心臓超音波診断アトラス<成人編> 改訂版

・Mモードや断層心エコー法,カラードプラ法など,心臓超音波の...続きを読む